アイスピック

用語解説

アイスピックは氷を割るための調理道具。主としてカクテル、オン・ザ・ロックなど酒やジュースなど飲み物に入れるための氷やクラッシュドアイスを作るために使う。

形状は穴開け用工具の錐に似た1本の尖った先端を持つのが一般的であるが複数の先端(3本刃など)を持つものもある。柄の部分は手で叩いて力を加えられるように錐に比べ太めである場合が多い。バネ付のものもある。 出来た氷はきれいな形状にはならず、いわゆるかち割り氷となる。

なお雪道や凍結した場所で使う杖状の滑り止めのこともアイスピックという。



関連項目








  • 最終更新:2012-03-05 13:29:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード