潜望鏡(せんぼうきょう)

用語解説

潜望鏡とは、ソープランドで使われる用語で、ソープ嬢と客が一緒に風呂に入り、客が腰を浮かせ、勃起したペニスが水面上に出たところをソープ嬢フェラチオする行為。男性器を潜望鏡にたとえている。(引用:wikipedia)


関連項目



外部リンク

 風呂のある個室で女性(コンパニオン、ソープランド嬢、ソープ嬢、泡姫)が男性客に対し性的なサービスを提供する「個室浴場」のことで、いわゆる風俗店の一種。省略してソープと言うことも多い。「風俗の王様」と言われることもある。



  • 最終更新:2011-11-21 11:05:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード