風俗嬢(ふうぞくじょう)

用語解説

風俗嬢(ふうぞくじょう)とは、風俗店に勤務し性的サービスを提供する女性従業員の俗称。ニューハーフも含める場合がある。

業態別にソープランドなどでは「ソープ嬢」「泡姫」、ファッションヘルスデリバリーヘルスなどでは「ヘルス嬢」「デリヘル嬢」、SM業界においては 「SM嬢」などと呼ばれる。単にコンパニオンキャストなどと呼ばれることもある。
求人広告や店内の掲示物などでは用いられない呼称であり、女子従業員は「コンパニオン」「社交」などと表記される。逆に風俗情報誌など客の立場からは「」(ソープランド嬢の場合「泡姫」)とも呼ばれる。
かつて娼婦・遊女などと呼ばれてきた職業としての売春婦は現代日本では法的に禁止されている存在であり、サービスとして性交を行わない風俗嬢も多く、風俗嬢イコール売春婦とはいえない。
風俗嬢から AV女優になったり、逆にAV女優から風俗嬢に転身したりといった業種間交流が盛んである(兼務の場合もある)。風俗嬢にとっては、アダルトビデオ出演は良い宣伝になる。


関連項目



外部リンク




  • 最終更新:2011-11-22 11:07:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード