風適法(ふうてきほう)

用語解説

風適法(ふうてきほう)とは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律のこと。

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(ふうぞくえいぎょうとうのきせいおよびぎょうむのてきせいかとうにかんするほうりつ)は、日本の法律。略称は風適法(ふうてきほう)。しかし、当初の「風俗営業取締法」の略称で風営法(ふうえいほう)で呼ばれることも依然として多い。(引用:Wikipedia)

『東京風俗wiki』で紹介する風俗店は、法律的には性風俗関連特殊営業に属し、下記の通り分類される。

性風俗特殊営業を行う場合、公安委員会は許可をする立場でなく、届出をしてもらう。
2005年11月 大幅な改正法が公布される。一部の規定を除き2006年5月1日施行。主な内容は、
  • 各種違反行為の罰則強化。
  • 公安委員会に営業届を行い、届出確認書を店に備え、客や警察など関係者から提示を求められたら直ちにそれを提示しなければならない。
  • 客引きに関しては、今までどおり禁止されているが、そのために人の前に立ちふさがる、つきまとうなどの行為も禁止。
  • 無店舗型風俗店に関しては、受付所や待機所なども店舗とみなされ、住所などの届出が必要。営業禁止区域内にあるそれらの施設は摘発対象となる。(引用:wikipedia)


関連項目



外部リンク




  • 最終更新:2011-11-22 11:17:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード